歯周病・虫歯

歯周病について 虫歯について

歯周病について

歯周病とはどんな病気?

歯周病とは歯と歯ぐきのすき間にできる『歯周ポケット』に細菌のかたまりである汚れがたまってしまい、歯肉が炎症を起こす病気です。
虫歯と違い、徐々に進行してしまって、症状もあまり無いまま気づけば歯を抜かなくてはならない程ひどくなってしまうこともある恐ろしい病気です。

日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。

このような症状ありませんか?

  • 歯ブラシの時に出血することが多い
  • 歯肉の色が赤くなったり、どす黒くなったりして腫れている
  • 疲れている時に腫れやすい
  • 起床時、お口の中がネバネバしている
  • 歯がグラグラと動く
  • 歯ぐきから膿が出ることがある
  • 周りの人から口臭を指摘された

歯周病ポケットについて

歯周病ポケットについて

密着しているはずの歯と歯ぐきにすき間ができてしまい、歯周病になってしまうと溝が深くなってしまうのが『歯周ポケット』です。
通常、健康な状態では0ミリ~2ミリ程度ですが、歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こすと4ミリ以上の深さになってしまいます。
重度の歯周病になってくると歯周ポケットは6ミリ以上になってしまいます。

 

歯周病の段階について

  • 健康な歯肉

    健康な歯肉

    歯ぐきは歯と歯の間にぴったりと密着していてすき間がありません。
    また、ピンク色で引き締まっており、ブラッシングの時に出血することもありません。

  • 歯肉炎

    歯肉炎

    歯と歯ぐきの境目にプラークと呼ばれる汚れがたまってしまい、歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れてしまいます。
    症状はあまりないのですが、ブラッシングの時に出血することがあります。

  • 軽度の歯周病

    軽度の歯周病

    歯ぐきの炎症が進み、腫れがひどくなってきます。
    歯周ポケットは4ミリ程度の深さで歯を支えているあごの骨が溶かされはじめます。

  • 中程度の歯周病

    中程度の歯周病

    歯ぐきの炎症がどんどん進んで歯周ポケットも4ミリ~6ミリ程度になってしまいます。
    あごの骨も本来の半分程度になってしまい、歯がグラつきはじめてしまいます。
    出血だけではなく、歯ぐきから膿が出ることもあります。

  • 重度の歯周病

    重度の歯周病

    かなり進行した状態で、歯周ポケットは6ミリ以上になり歯もグラグラしてしまいます。
    ここまで進行してしまうと食事の時にも痛みを伴い、口臭もひどくなってきます。
    ひどくなってしまうと歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の原因

このような生活習慣ありませんか?

  • 1
    ストレス

    ストレスが多い状態では体の抵抗力が弱まり、歯周病が悪化することがあります。
    また、歯ブラシの習慣や食事も変わる事があります。

    イメージ画像
  • 2
    喫煙

    タバコを吸うと白血球の機能が低下して、歯周病に対する抵抗力を弱めてしまいます。 またニコチンによって血管が収縮して歯周病の治りが悪くなってしまいます。

    イメージ画像
  • 3
    食生活

    不規則な食生活やバランスの悪い食事をしていると、抵抗力が弱まり、歯や歯ぐきに悪影響を及ぼしてしまいます。


    イメージ画像

全身疾患との関係性

全身疾患との関係性

歯周病が進行すると、血液によって歯周病菌が運ばれ全身に悪影響を及ぼすことが明らかになってきています。
また、歯周病と糖尿病がお互いに悪影響を及ぼすことや肺炎や心疾患に深く関わっていることが分かってきています。
その他にも妊婦の方で歯周病になっていると、低体重児や早産のリスクが高くなってしまうことがあります。 歯周病はお口の中だけの病気ではなく、全身に関わってくる病気なのです。

歯周病の治療方法

プラークコントロール

歯周病の原因であるプラークをしっかりと除去することです。
歯科医院でもプラークを除去しますが、自宅での毎日のケアも大切なので、汚れがつきやすい場所や磨きにくい所の磨き方、デンタルフロスの使用などは歯周病の予防や治療の基本になります。

スケーリング

プラークが長い時間付着してしまうと自分では落とせない歯石になってしまいます。
その歯石を除去することをスケーリングといいます。
歯石を除去することで炎症が落ち着いていきます。

定期的なメインテナンスの重要性

イメージ画像

歯周病は予防・メインテナンスが大事です。
歯周病は痛みが出にくいため、いつの間にか進行してしまうことがほとんどです。症状があらわれたときはかなり進行している恐れがあります。
そうならないためにも、定期的な受診がとても大事になります。
予防に関する詳しいことはこちらをご覧ください。
>>予防歯科のページ

虫歯について

虫歯とは

口腔内には、良くも悪くも目には見えない菌が百種類ほど住みついています。
この中でも虫歯の原因菌と言われるミュータンス菌などが、食べ物に含まれる糖分をもとに酸をつくります。この酸によって歯が溶かされていく病気を虫歯といいます。

このような症状ありませんか?

  • 冷たいものがしみる
  • 熱いものがしみる
  • 物を噛む時に痛みが響く
  • 何もしなくてもズキズキ痛む

虫歯の進行段階について

  • C1(う蝕第1度)

    エナメル質齲蝕

    歯の表面のエナメル質が溶かされた状態です。
    まだ表面にあいた穴なので痛みを感じません。

  • C2(う蝕第2度)

    象牙質齲蝕

    エナメル質より深い象牙質の部分にまで虫歯が進行している状態です。
    エナメル質の比べ、象牙質は柔らかいので虫歯の進行が速いです。
    冷たいものがしみるなどの症状が出てきます。

  • C3(う蝕第3度)

    歯髄炎症

    大きく穴が開いて神経まで達した状態です。
    何もしていなくてもズキズキ痛んだりしみたりする症状が出てきます。
    神経に到達しているため、神経の治療が必要になってきます。

  • C4(う蝕第4度)

    歯根のみの状態

    歯の部分がなくなってしまい、根の部分だけになった状態です。
    冷たいものや熱いものがしみることはないですが、腫れて炎症を起こし強い痛みが出ることがあります。

早期治療の重要性

イメージ画像

虫歯の治療は、早い段階であればあるほど、痛みや時間的・金銭的負担を抑えることができます。
しかし、本当に大切なのは虫歯にならないこと、つまり虫歯の「予防」です。
積極的に定期検診を受けるようにして、自分の歯を守りましょう!
>>予防歯科のページはこちら

求人

院内探検

↑は初診の方専用のWEB予約です。

一度でも来院されたことがある方も、初診の方もWEB予約はのバナーよりご予約ください。

MENU

診療時間

アクセス

このページのトップへ