審美・ホワイトニング

審美について ホワイトニングについて

審美について

1.	審美歯科(補綴治療)とは

審美について

審美歯科とは、機能的且つ美しい見た目にするための歯科治療です。
歯科治療は『悪い所を治すだけ』というイメージが強いですが、治すことだけではなく、『より快適に見た目の満足度も高い』治療を目指す所が増えてきました。
従来では保険の治療が多く、虫歯の治療は銀歯だったり、前歯でも時間が経つと変色してしまったりと患者様が気になってしまう事も少なくありませんでした。
そんな悩みを解決するため、審美歯科では白い被せ物や詰め物を使って自然で白い歯に治療することも可能です。
また、長く快適に使用してもらうために、かみ合わせなどもしっかり確認しています。

保険診療と自費診療

  • 保険診療

    メリット

    ・保険を適応することができるので、費用が安い
    ・歯科医院による治療費の差がほとんどない

    デメリット

    ・治療方法や材料に制限がある
    ・見た目や噛み心地を追求した治療が難しい

  • 自費診療

    メリット

    ・治療方法や材料にほとんど制限がなく、最新の治療も受けることができる
    ・選択肢が広がり、患者様にとってベストな治療を選択できる

    デメリット

    ・保険治療に比べて費用が高額
    ・歯科医院によって治療費が異なる

詰め物・被せ物の料金はこちら
その他自費診療の料金はこちら

オールセラミッククラウン、インレー

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

被せ物・詰め物の両方があります。
透明感があり、変色もしないので、天然の歯の様な見た目を再現することができます。
また、すべてセラミックだけを使用しているので、金属アレルギーの心配がありません。

 12345
見た目の自然さ           
身体との親和性           
変色のしにくさ           
耐久性           
歯ぐきの黒ずみの出にくさ           
噛み合う歯への優しさ           

メタルボンド

イメージ画像

中の素材は金属がベースになっていて、表面がセラミックの素材でできています。
金属の強度とセラミックの美しさの両方を兼ね備えています。

 12345
見た目の自然さ           
身体との親和性           
変色のしにくさ           
耐久性           
歯ぐきの黒ずみの出にくさ           
噛み合う歯への優しさ           

ハイブリッドセラミック、インレー

イメージ画像

イメージ画像

 

セラミックと歯科用プラスチックを配合しているので、柔軟性があり、自然な噛み心地です。
歯科用プラスチックを配合しているので、経年変化で黄色っぽくなることがあります。

 12345
見た目の自然さ           
身体との親和性           
変色のしにくさ           
耐久性           
歯ぐきの黒ずみの出にくさ           
噛み合う歯への優しさ           

ラミネートベニア

イメージ画像

イメージ画像

歯の表面を削って付け爪の様にセラミックを接着する方法です。
歯を削る量を少なく済むことや『すきっ歯』が気になる人も改善することができます。
またホワイトニングでは白くすることができない『テトラサイクリン』の場合でも自然な白さにすることができます。

 12345
見た目の自然さ           
身体との親和性           
変色のしにくさ           
耐久性           
歯ぐきの黒ずみの出にくさ           
噛み合う歯への優しさ           

ゴールドクラウン、インレー

イメージ画像

イメージ画像

すべて金でできており、歯とのなじみが良い材料です。
見た目が目立ってしまうので、審美性より機能性を重視したい方で、奥歯で噛む力が強い場合に最適な材料です。

 12345
見た目の自然さ           
身体との親和性           
変色のしにくさ           
耐久性           
歯ぐきの黒ずみの出にくさ           
噛み合う歯への優しさ           

土台(コア)について

大きな虫歯の治療や神経の処置をし、そのままでは被せ物を装着できない歯には、人工の土台(コア)を作って歯を補強する必要があります。
土台には、保険適用の一般的な土台と、天然歯に近い素材の土台(自費診療となります)がございます。

ファイバーコア

ファイバーコア

グラスファイバーの繊維の素材で、しなる性質があるので歯が割れにくいのが特徴です。
金属を使用しないので、仕上がりに透明感があり、金属アレルギーの心配もありません。

ゴールドコア

ゴールドコア

ほとんどの歯で使用することができ、耐久性に優れていて、金属アレルギーのリスクを減らすことができます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

歯の汚れや着色をキレイにする『クリーニング』に対して、歯そのもの色を白くすることを『ホワイトニング』といいます。
ホワイトニング専用の薬剤を使用して、歯にしみ込んだ有機成分を分解、漂白するというメカニズムです。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院に来院していただき、歯に薬剤を塗布して専用の光を当てることで歯を漂白していく方法です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院でお口に合った専用のマウスピースを作製して、自宅でマウスピースに薬剤を入れてから装着し、歯を白くしていきます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行う方法が『デュアルホワイトニング』です。
ホワイトニング効果を早く実感したり、効果が長続きするメリットがあります。

 

ホワイトニング治療の流れ

オフィスホワイトニング

  • 1.カウンセリング

    お口の中を確認して、患者様の希望の白さを聞いたり、ホワイトニングの流れや注意点をご説明します。
    気になったことや不安なこともご相談いただけます。

  • 2.歯のクリーニング

    歯に付着している汚れや歯石を除去して、薬剤が最大限に効果を発揮することができる状態にしていきます。

  • 3.薬剤の塗布

    歯ぐきを保護してから、薬剤を塗布していきます。

  • 4.照射

    目を保護する特別なサングラスをかけて、ライトを照射していきます。

  • 5.ジェルの除去

    薬剤を除去して、最後にクリーニングをします。

  • 6.定期的クリーニング

    長く効果を持続させるために、治療後も定期的なクリーニングをおすすめしております。

ホームホワイトニング

  • 1.カウンセリング

    最初に現在お困りのこと、お悩み等をお伺いします。
    その他治療の内容や注意点もしっかりご説明いたします。

  • 2.歯のクリーニング

    効果的に歯を白くしていくために、まずはクリーニングを行います。

  • 3.マウスピース作製

    患者様のお口に合ったマウスピースの型取りをしていきます。

  • 4.ご自宅で装着

    ご自宅でマウスピースに薬剤を入れて1日数時間装着して頂きます。
    患者様のお口の状態によって効果は個人差があります。

  • 5.経過観察、治療完了

    色味をチェックをし、ご希望の白さになっているか確認します。

  • 6.定期クリーニング

    クリーニングして、お口を良い環境にして、色の維持を長くしましょう。

ホワイトニングの費用はこちら

ホワイトニングQA

Q.痛くないの?

A.個人差があり、知覚過敏でしみる感じがすることがあります。
しみる症状は一時的なもので薬剤の使用をやめると落ち着きます。
また、知覚過敏用の歯磨き粉で落ち着くこともあります。

Q.安全ですか?

A.1989年、アメリカにて実用化されたホワイトニングは、20年以上経過した現在まで大きな問題が報告されることもなく、世界中の安全機関により安全性が確認されています。歯科医師の指導の下、注意事項を守って治療を受けてください。

Q.どんな人でも治療を受けられますか?

A.歯の根が未完成なので18歳以下の方
授乳中、妊娠中の方
重症の歯周病の方
重度の近く過敏症の方は受けることができません。

Q.費用はどのくらいですか?

A.どの位白くしたいか、どの様なホワイトニングにするかによって異なってきます。ご希望を聞いてカウンセリングにてご説明させていただきます。

Q.どれくらいもちますか?

A.ホワイトニングの持続時間はお口の環境によって個人差はありますが、目安としてオフィスホワイトニングで3か月~6か月程度、ホームホワイトニングで6か月~1年間で徐々に後戻りしていきます。

Q.気を付けた方がいいことはありますか?

A.薬剤が反応している24時間は色の濃い食べ物は避けるようにしてください。
また、長持ちさせるためには、着色しやすい食べ物やたばこはなるべく控えていただくことをおすすめしています。

求人

院内探検

↑は初診の方専用のWEB予約です。

一度でも来院されたことがある方も、初診の方もWEB予約はのバナーよりご予約ください。

MENU

診療時間

アクセス

このページのトップへ